消防の仕事

| 未分類 |

火事になってしまった後の事故物件などを手放す際には不動産の買取売却の問い合わせをする必要が有ります。事故物件 売却を躊躇している人もいるとは思いますが、物事が落ち着いたならば事故物件であろうと売却候補であろうと考慮する必要が有るのです。

119番通報を受け、消防隊、救急隊、救助隊に出動指令をかける通信・指令業務です。
一刻を争う消火・救急・救助活動では、災害現場の情報を正確かつ迅速に伝達することが重要となります。
当本部では、通報地点周辺の地図表示や出動部隊編成を自動的に行う指令台、通信員の日々の訓練等により、的確な指示を行える体制を整えています。
火災発生の通報を受け、指令がかかると、各隊(指揮隊、消防・救助隊、救急隊)が出動し、各隊が消防資機材を駆使し、それぞれ連携をとりながら現場での活動を行います。
当消防隊は、火災による被害を最小限にくい止めるため、それぞれに与えられた役割をはたし、統率のとれた消火活動を行えるよう日々訓練に励んでいます。
オレンジ色の救助服に身をつつんだ救助隊は、厳しい研修、訓練で高度な救助技術を身につけ、火災や交通事故など幅広い分野で人命救助にあたります。
又、河川、ダム等における水難事故や山岳事故に対しても速やかな救助活動を行っています。
救急活動は、早期の処置が大切となるため当救急隊は現在救急車両4台(うち3台は高規格救急車)を配備しています。
プレホスピタルケア(病院に着くまでの処置)の重要性が高まる中、救命処置として認められている医療行為を車内から医療機関まで的確に処置を行えるよう救急救命士を配置し、充実した救急出動体制を整えています。
法令等に定められた安全基準のもと、立入検査等さまざまな火災予防対策にあたっています。新たに建築される建物には設計段階から消防設備や防火対策についての審査を行います。
又、ガソリンスタンド等で扱われる危険物の保安・防火指導も重要な火災予防業務の仕事です。
火災等の災害による被害の軽減を図るには、住民の防災意識が何よりも重要な役割を果たします。
日常生活の中で緊急時の行動や防災対策を知ってもらうためにさまざまな指導・広報業務を行っています。

火災が発生すると同時にその原因調査に着手します。近年めざましい技術革新のため、複雑な原因による火災が増加しています。このため調査員は電気、化学、機械等さまざまな分野の知識を使っての調査が求められます。

119番の正しいかけ方

| 未分類 |
◎ 何があったか? あわてず、落ち着いて
「火事です」
「救急です」
「救助です」
◎ 場所はどこか? 市町村名・大字をはっきりと
「○○町大字の○○番地」
住所がわからないときは目標物を
ビル・建物・飲食店・店舗・事務所
交差点・橋・トンネル・電柱の番号などを
◎ どのような状況か? 具体的にはっきりと
「家が燃えています」
(燃えているもの、現在の状況など)
「けが人・病人がいます。」
「事故で人が閉じ込められています」
(けがの状況、病人の状況など)
◎ あなたの名前、電話番号?
◎「携帯電話」からの119番通報について携帯電話からの119番通報は、平成18年3月から奈良県全域で直接受信方法(管轄消防本部で直接に受信することです。)に変更されました。但し、通報する場所によっては災害等が発生している消防本部に直接つながらない場合があります。なお、その際には直ちにその地域を管轄する消防本部に電話を転送することになっています。
電話転送後は、その地域を管轄する消防本部が対応しますので、加入電話や公衆電話で通報したのと同様に災害現場の住所や通報者の氏名等を聞きます。◎携帯電話で通報される場合の注意事項 

自動車運転中の通報は危険ですので、安全な場所に駐車してから通報してください。
消防本部から通報内容について、再度確認する場合がありますので携帯電話の電源を切らないでください。
災害場所の住所が不明の場合は、できるだけ近くの公衆電話か加入電話で通報してください。(公衆電話か加入電話であればその地域を管轄する消防本部に直接通報できます。)
電波状況によって通報が途中で切れる場合がありますので、移動しながらの通報はしないでください。

 

◎ 広域行政組合消防本部では、平成22年4月から「FAX119番」を運用します。

FAX119番システムは、耳や言葉が不自由で電話による119番緊急通報が
困難な方の通報手段としてFAX電話器で火災、救急、救助の通報ができる
ものです。

    (利用方法)

  •  この「FAX119番」は、広域行政組合消防本部管内()からFAX送信をされた場合に限り利用できるシステムですので、注意して下さい。
  • FAX番号は局番なし119番です。
  • 「FAX119番」で通報する場合は、※FAX119番通報用紙又は、A4用紙に下記事項を記載し送信してください。(1)種別(火災,救急,救助)
    (2)住所(火災の発生した場所,救急車等の向かう場所)
    (3)状況(風呂場から出火,何歳の父が倒れた,何歳の子供が腹痛等)
    (4)あなたの住所・氏名・FAX番号
    〈注意事項〉

  • 「FAX119番通報用紙」等の住所、名前、FAX番号、目標となる建物などは、あらかじめ記入しておきましょう。
  • 「FAX119番通報用紙」等は、いつもFAXのそばに置いておき、必要なところを記入して局番なし「119」番へFAX送信してください。
  • 救急要請の場合には、そのかたの容態(意識の有無等)についても通報用紙にわかる範囲で記入してください。
  • FAX119番通報を受信した場合には、消防本部指令課からFAX119を受信しました。救急車(消防車)が向かっている内容の「FAX119受信確認書」をFAXで送信します。
  • 「FAX119番」は送信完了までに若干の時間を要するため、自宅や隣の住宅等が火事の場合、できるだけひとを呼ぶなど別の通報手段を用いるか、FAX送信にこだわることなく自身の安全を確保し避難してください。
※「FAX119番通報用紙」

おしらせ

| 未分類 |

インターネット公有財産売却について
■参加するには
吉野広域行政組合インターネット公有財産売却に参加するには、Yahoo!JAPAN IDの取得が必要です。
Yahoo!JAPAN IDの取得はこちらから
■参加方法
1.Yahoo! JAPAN IDを取得
2.「ヤフオク!官公庁オークション」上で参加仮申込み
3.クレジットカードによる入札保証金の納付手続き
4.書類提出(本申込み)

※申込みをするには、「誓約書」及び「吉野広域行政組合インターネット公有財産売却ガイドライン」に同意していただく必要がありますので必ず確認してください。
■参加申込期間
1.参加(仮)申込期間
平成25年7月19日(金)13時から
平成25年8月 7日(水)14時まで
※上記期間中に仮申込みをされないと入札に参加できませんのでご注意ください。

2.本申込期間
参加仮申込み後から
平成25年8月16日(金)まで

※本申込みには、書類の提出が必要です。
※入札参加申込書は、持参又は郵送してください。(メール、FAX不可)
※郵送で提出される場合は、同日必着とします。
官公庁オークション「域行政組合」のページへ
添付ファイル
・広域行政組合公告第4号(PDF)
・広域行政組合インターネット公有財産売却ガイドライン(PDF)
・落札後の注意事項(PDF)
関係書類
・公有財産一般競争入札参加申込書(PDF)
・受付確認表(PDF)
・委任状(PDF)
■下見会について
下見会日時:平成25年7月24日(水)午前9時~午後4時

大きな地図で見る
※上記日程以外の下見会は行いません。
■入札期間
平成25年8月21日(水)13時から
平成25年8月28日(水)13時まで
■落札後の必要書類について
落札者には、広域行政組合から契約書を送付します。契約書に実印を押印し、契約に必要な書類を添付して、吉野広域行政組合へ返送してください。
契約書と併せて必要な提出書類
・契約保証金充当依頼書兼売払代金充当依頼書(PDF)
・買受財産保管依頼書(PDF)
・組合有財産受領書(PDF)
・身分証明書(落札者が個人の場合。本籍地の市町村で発行されます。)
・印鑑登録証明書(法人の場合は印鑑証明書)※落札価格が30万円以上の場合のみ必要
・広域行政組合から落札者へ送信したメールをプリントアウトしたもの

問い合わせ先

PDF文書をご覧いただくには、閲覧ソフトウエアのAdobe Acrobat Reader(無料)が必要です。上のボタン画像をクリックし、手順に従ってインストールしてください。
※ファイルの容量が大きいマニュアルは、ダウンロードに時間がかかる場合や、PCの環境によってはダウンロードできない事があります。

2012年中の災害件数

53

総務課からのお知らせ

新型高規格救急車を更新配備!
当消防本部では、新型高規格救急車が更新配備され、平成21年3月より運用を開始しております。
新型車両は、迅速かつ的確な救急救命処置に対応できるよう十分なスペースと各種装備・資器材を備えています。

平成25年度消防吏員採用試験案内
平成26年度の消防吏員新規採用者を募集します。

採用人員 消防吏員 1名
試験日時
及び
場  所 第1次試験 平成25年9月22日(日)
08時30分~14時30分(受付時間含む)

広域行政組合消防本部

第2次試験 平成25年10月26日(土))
08時30分~16時00分(受付時間含む)

運動公園総合体育館
申し込み
受付期間 平成25年8月1日(木)から8月12日(月)まで
※(ただし、土曜、日曜を除く)
申し込み  受験手続に関する書類は、広域行政組合
消防本部総務課で配布しています。
問合わせ 広域行政組合消防本部 総務課
TEL 0746-32-1011
ネット版試験案内 「平成25年度消防吏員採用試験案内」
PDFはこちらから

消防課(消防係)からのお知らせ

災害情報用テレホンサービス廃止のお知らせ

当消防本部の災害情報テレホンサービス(TEL.0746-32-3399)を平成22年1月8日をもって廃止致します。住民の方々におかれましては、災害状況の把握には各市町村告知放送・防災無線等をご活用されますようお願い致します。
消防課(予防係)からのお知らせ

2013年度「全国統一防火標語」
『消すまでは 心の警報 ONのまま』
2013年度「危険物安全週間推進標語」
『あなたこそ 無事故を担う 指令塔』
消火器の不適正取引について ご注意!

電話で「消火器を点検させてほしい」といい、翌日に仕事の忙しい時や防災担当者のいない時を狙って職場にやって来て、契約書にサインをさせて薬剤を詰め替え、多額の点検費用を要求する事案が発生しています。
※ 一見合法的な契約書を提示します。
※ 不審に思われた方は、すぐに消防署へ連絡ください。
住宅火災警報器の設置について
住宅火災警報器の設置が義務付けられました。新築住宅はすでに設置が義務付けられていますが、既存住宅についても奈良県内では平成21年6月1日から設置が義務付けとなります。

詳しくはこちら
広域行政組合消防本部では、平成22年4月から「FAX119番」を運用します。
FAX119番システムは、耳や言葉が不自由で電話による119番緊急通報が困難な方の通報手段としてFAX電話器で火災、救急、救助の通報ができるものです。

詳しくはこちら

救急救助課(救急係)からのお知らせ

関連リンク

| 未分類 |

リンク先一覧(消防関係)
リ ン ク 先 名 称
ホームページアドレス
消防庁
http://www.fdma.go.jp/
奈良県(消防防災課)
http://www.pref.nara.jp/syobo/
京都市消防局
http://www.city.kyoto.jp/shobo/main.html
奈良市消防局
http://www.city.nara.nara.jp/bousai/
消防本部
http://www119.city.ikoma.nara.jp/
消防組合消防本部
http://www.seiwa-fd.or.jp/
広域消防組合消防本部
http://www.chuwa-119.jp/
広域消防組合消防本部
http://www.nakayoshino.or.jp/
防災・危機管理e-カレッジ
http://www.e-college.fdma.go.jp

リンク先一覧(構成町村関係)
リ ン ク 先 名 称
ホームページアドレス
吉野町
http://www.town.yoshino.nara.jp
川上村
http://www.vill.kawakami.nara.jp/
上北山村
http://www.vill.kamikitayama.nara.jp/
下北山村
http://www.vill.shimokitayama.nara.jp/
東吉野村役場
http://www.vill.higashiyoshino.nara.jp/

 

近隣との交流

僕の現在住んでいるマンションは、他の方はかなり長く住んでいる方が多いので、コミュニティとしてもかなりしっかりした感じなんですよね。
夏にはお祭りがあったり、冬にはもちつき大会があったりなど、かなり活発に皆さん活動してくれています。
僕は仕事が忙しいのでなかなか自治会には出て行けないのですが、子供が生まれてからやっとちょっとお祭りに行ったりすることができるようになりましたね。
でもこういったコミュニケーションは、やっぱり昨今の災害などのときを考えると、隣の方がどんな方で…など知っておいたほうがいざという時に助け合いが出来る気がしています。
子供がいないときはこんなことあんまり考えなかったんですけど、やっぱり子供がいたら考えかたががらりと変わるものですね。
戸建ての場合はそういった隣近所もちょっと離れてしまっている感じもあるので、10年住んでみて、僕にはマンション暮らしがとてもあっているって感じています。

署所・車両の紹介

| 未分類 |

庁舎

訓練塔

庁舎

訓練塔

消防・救急車両概要一覧
本署配備
車両名
年式
形状
型式
定員
車両重量
車両総重量
全長
全幅
全高
排気量
指揮車
H13
消防車
トヨタGC-RZN169H改
5
1910㎏
2335㎏
515㎝
179㎝
219㎝
2690cc
ポンプ車
H8
消防車
三菱KC-FG538D
6
4390㎏
4720㎏
575㎝
190㎝
262㎝
4560cc
タンク車
H13
消防車
日野KK-FD1JEDA
6
5730㎏
7560㎏
665㎝
220㎝
279㎝
7960cc
積載車
H11
消防車
三菱KK-FG53EE改
6
3900㎏
5230㎏
620㎝
190㎝
260㎝
5240cc
救助工作車
S63
消防車
日野FD172B20812
6
7640㎏
7970㎏
780㎝
230㎝
303㎝
6720cc
広報査察車
H18
消防車
トヨタCBA-AZT246W
5
1390㎏
1665㎏
453㎝
174㎝
164㎝
2000cc
救急車(3台)
H12
救急車
トヨタGE-VCH-22S
7
2300㎏
2685㎏
537㎝
180㎝
243㎝
3370cc

H15
救急車
トヨタTC-VCH38S
7
2610㎏
2995㎏
561㎝
180㎝
248㎝
3370cc

H21
救急車
トヨタCBF-TRH226S
7
2800㎏
3185㎏
566㎝
191㎝
254㎝
2690H15

分遣所配備
車両名
年式
形状
型式
定員
車両重量
車両総重量
全長
全幅
全高
排気量
積載車
H10
消防車
日産GB-SK22F23
6
2240㎏
2570㎏
474㎝
169㎝
228㎝
1990cc
救急車
H10
救急車
トヨタGB-VCH38S
7
2570㎏
2955㎏
557㎝
180㎝
253㎝
3370cc
(指揮車)
主に大規模な火災や特殊な救助(山岳救助、水難救助)等に出動し、情報収集活動や現場指揮を行う車両で四輪駆動、フロントウインチを装備し、悪路での走行性が高い。又、山間部で無線感度が悪い地域でも無線交信ができるよう特殊なアンテナを装備している。

(消防ポンプ自動車)
自動揚水装置、チェックモニター装置が設置され、揚水操作がワンタッチで起動。又、両側と後部にアルミシャッター付ボックスが設置され消防活動用の可搬式消防ポンプ、機械器具、資機材が収納され、水利の種類に左右されることなく部署できる活動力と四輪駆動による機動力を有している。
(水槽付消防ポンプ自動車)
1,500リットルの水を積載し、火災現場で先着隊として活動を行う。両サイドには素早くホースが伸ばせるようにボックスが設置され、後部座席後ろには濃煙から隊員の呼吸を保護する空気呼吸器が設置され、後部ボックスには救助活動に使用する資器材や消防防災ヘリコプターの離着陸に使用する資器材が収納されている。

(積載車)
可搬式消防ポンプを積載し、山林火災など消防ポンプ自動車が使えない現場で活用する車両。又、消防防災ヘリコプター用の燃料ドラムも積載できる構造となっている。

(北山積載車)分遣所配備
地域性を考慮し、小型で軽量化を図った車両は機動性が高く、多彩な水利に対応することが出来るよう車両の後部に2種類の可搬式消防ポンプを積載、火災の状況によりポンプを選択でき、車両右側の吸水口にはダイレクトバルブが搭載され、有圧水利より直接吸水することができる。

(救助工作車)
救助活動に必要な機械器具、資器材を積載しており、車両上部には最大2.95tまで吊り上げ可能なクレーンや照明装置、前部には5tまで牽引可能なウインチを装備している。
(格救急車)
救急救命士の資格を持つ救急隊員が乗車し活動する車両で、医師の指示に基づいて、応急処置が行える救命資機材を搭載している。又、処置に支障を来たさないように天井は、かがまずに歩けるだけの高さとなっている。主な装備として、傷病者の体位を安定させる防振ベッド、自動車電話、ファックス、心電図モニター、伝送装置等がある。

本署配備

分遣所配備
(広報査察車)
主に査察や広報活動時に使用する車両。又、火災が発生すれば、他の出動隊と同時に火災原因調査員がこの車両で調査に赴く。